So-net無料ブログ作成
製品レビュー・その他 ブログトップ

【製品レビュー202】なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか [製品レビュー・その他]

011226.gif

・製品 なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか
・出版社 祥伝社
・著者名 若宮 健
・定価 798円
・購入価格 798 (税込)
・購入日 2011年2月16日
・お買得度 4.0

(購入動機)
韓国は、2006年にパチンコが全廃された。しかし、それを報道する日本のマスコミが皆無であり、癒着体質など含めて批判している本である。さらにパチンコがいかに悪なものかを批判する本であり、興味があったので買ってみた。

製品レビューは、あくまで自分の意見ですので、違う意見の方もあると思います。あくまで個人的意見です。

(製品レビュー)
著者の若宮健氏は、パチンコは悪のギャンブルで、パチンコ依存による自殺者など多数存在し、パチンコ廃止の必要性を世に訴えている。しかし、読んでいてイライラしてきた。
というのもギャンブルは、パチンコ以外にも競馬、競輪、宝くじとあるし、別にパチンコだけが悪いわけではない。自分は、パチンコはしないのだが、パチンコ依存やそれによる生活苦による自殺など、ほんの一握りの例を大げさに例に出し、パチンコは即刻廃止すべきと書いている。
パチンコは確かに、不透明な換金システムがあり、一部違反もしているし、CMなどによりマスコミも悪いことは書かない。その辺は問題だが、ギャンブルの不透明性は問題だけでパチンコだけが悪いわけではない。
一番ビックリしたのは、この著者の若宮健氏は韓国でパチンコが全廃した後に知り、3〜4回行った程度でこの本を書いている。この取材の甘さが、この内容の薄さを物語っている。
パチンコを援護するつもりはないが、一方的にはパチンコを全廃するべきなどと言う内容の本は、本として成立していない。
パチンコによる不幸な出来事は、他のギャンブルとさほど変わらないと思うし、そもそもパチンコ依存で破産したりしまう人に問題があるだけで、マクドナルドばかり食べて太ったから訴えたりするのと同じと言ったら言い過ぎか・・・。

先日買った市橋達也の手記に負けないほど内容の幼稚な本を買ってしまった。
それでも読んでみたい人は下記で買って見てください。買わない方がいいと思いますが・・・。



【製品レビュー200】杉山清貴Live Tour 2011 in 中野サンプラザ [製品レビュー・その他]

IMG_0260.jpg
IMG_0252.JPG
IMG_0250.JPG
2011年2月 iPhone 4にて撮影

・アーティスト 杉山清貴
・コンサート  杉山清貴Live Tour 2011 in 中野サンプラザ
・開催日   2011年2月19日(土)
・開催場所  中野サンプラザ 
・満足度   9.0

(総合評価)
中野サンプラザで毎年ライブツアーを行っている杉山清貴。自分は毎年行っていますが、去年はマカオと重なって行けず、悔しいので昨年は3月20日に横浜BLITZで行われたライブに行った。それ以来のライブ。やっぱり中野サンプラザの方が段差があって見やすい。
若い方は、あまり知らないかもしれないが、80年代〜90年代にブレイクしたアーティストで、今もライブを中心に活動。50歳を超えているとは思えない若い声でビックリする。というか、ほとんど変わっていないのが凄い。
杉山清貴のファンは、残念ながら昔からのファンが圧倒的で、ライブに行っていつも思うのが「平均年齢が高い!!」と言うことだ。なので、若い人はほとんど見かけない。これは残念だ。もっと若い人に良さを伝えたいアーティストですが、なかなかこのご時世は難しい・・・。VAPレコードなので、日テレ系列以外では、あまり使われないのも原因かと思う。

コンサートは、4月に発売されるニューアルバムを中心に始まり、後半は往年の名曲などを披露し、アンコール2曲とともに終了。20曲を演奏し終了。下記が、その演奏したリストである。

IMG_0256.jpg

杉山清貴は、MCもおもしろくファンもそれを楽しみにしている方も多い。今回は、歌詞を忘れて飛ばした事が2回あり「2ちゃんねるに書かないでね」と言ってました。歌詞を飛ばすのは珍しい。
あっという間の2時間ちょいのライブ。

4月に発売されるアルバムが特別に会場で先行発売され、早速購入。購入特典は、直筆のサイン色紙と握手会参加ということで、生の杉山清貴を生で見ることができた。50過ぎには見えない若さで、ビックリする。サインもゲットし満足で会場を後にした。
IMG_0261.jpg
IMG_0262.jpg
2011年2月 iPhone 4にて撮影

それにしても4月発売のアルバムを2月に先行っていくら何でも早すぎる気がするが、4月6日発売のバージョンは、DVD付きとのこと。でもこれを買えただけでも収穫なのに、サインと握手までできて、大満足でした。
一度、杉山清貴聞いてみてください。ベスト盤もたくさん出ているので、初めての方はそれがオススメです。





【製品レビュー199】逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 [製品レビュー・その他]

51WxazpbJhL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

・著者 市橋達也
・題名 逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録
・定価 1,300円 (税別)
・購入価格 1,365円 (税込)
・購入日 2011年1月30日
・お買得度 5.0

(製品レビュー)
幻冬舎から発売されたリンゼイさん殺人事件の容疑者である市橋達也が逃走から逮捕までの逃走劇を書いた手記。東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州と移動を繰り返し、土木系の仕事をしながらお金を貯めて、最後は整形する病院に通報され、ある程度身元がバレてしまい、最終的に大阪のフェリー乗り場で捕まるまでを書いた手記。

正直、記憶が曖昧で文章的には本にするほどの内容か微妙で、この本を書いた理由も良く分からない。
本の最後に、「本書の出版で印税を得ることがあっても、僕にそれを受け取る気持ちはありません。リンゼイさんの御家族へ。それができなければ、公益のために使っていただければ幸いです。」とある。
リンゼイさんの家族が受け取るとは思えないが、なぜこんなことをしてしまったのかなどは書かれておらず、逃走している内容だけなので、読んでいて「こんなの本にする内容??」と疑問を持ってしまう内容だ。
正直言って、幻冬舎がこれで儲かるのも納得できない。これを発売する理由もどうかと思う。それも、出すのが早すぎるし、久しぶりに厳しい意見かもしれませんが、無駄な本を買ってしまったと後悔するほどの本だ。買う価値は、まったくないといっていい。買って損したと思った。
それでも読んでみたいという方は、下記からどうぞ・・・。


【製品レビュー198】バード電子 MacBookAir 11.6"ケース [製品レビュー・その他]

case2.JPG

・製品 バード電子 MacBookAir 11.6"ケース
・型番 CARGO-M
・定価 オープン
・購入価格 3,980円 (税込)
・購入日 2011年1月14日
・お買得度 9.0

(購入動機)
AppleのMacBookAir 11.6"ですが、これ用の良いケースがなかなかない。あっても分厚くなったりして、薄さを台無しにするケースばかり。そんな中見つけたのが、このバード電子の封筒型のスリムなMacBook Air11インチ用のインナーケース。早速、getしました。

(製品レビュー)
材質は合皮で決して高級感はありませんが、とても使いやすく専用で、凄くこのケースを入れても薄いというのがポイント高い。こんなケース待ってました。以前、MacBookAir 13"用のフェルト製のケースを愛用していましたが、正直薄いというユーザーの希望を分かっているようなケース。
なかなか店舗では見かけませんが、現時点ではこのケースは間違いなくオススメNo.1です。日本製らしいです。
もうこれなしではMacBookAir 11.6"は使えません。店で売っていないなら通販でも買う価値ありです。MacBookAir 11.6"ユーザーには、強くオススメします。

case1.JPG

バード電子URL
http://shop.bird-electron.co.jp/shopdetail/005003000046/order/

【製品レビュー188】酒井法子 「贖罪」 [製品レビュー・その他]

41U-vcuPd4L._SL500_AA300_.jpg

・製品 酒井法子「贖罪」
・型番 朝日新聞出版
・購入価格 1,260円 (税込)
・購入日 2010/12/3
・お買得度 8.5

(製品レビュー)
酒井法子の覚醒剤事件と半生を書いた本。贖罪とは「しょくざい」と読む。
内容は、逮捕されるまでの詳しい内容など詳細に書かれていて、同じく逮捕された夫から勧められ覚醒剤をやってしまったことなどが詳しく書かれている。できちゃった婚でとてもうまくいっていなかったらしく、それを覚醒剤というもので辛うじて繋がっていたと言った感じか・・・。
逮捕後は、半生から今現在のことまでが書かれていて、賛否両論かもしれないが、更正して芸能界に復活して欲しいと思うような内容であった。
とても読みやすく、覚醒剤はいけないけど本当に紙一重でやってしまった感じで、そもそも離婚した旦那と結婚したのが失敗だったと思う。(余計なお世話かもしれないが・・・。)

今後は、介護の仕事をするように通信教育をしているようで、その道に入っていくみたいですが、いずれは芸能界に戻ってくると思うので、そのときは暖かく迎えてあげたいと思った。

がんばれ酒井法子!! 応援しています。



【製品レビュー177】iPhone 4 Dock 偽物 [製品レビュー・その他]

IMG_0165.jpg

・製品 iPhone 4 Dock 偽物
・型番 MC596ZM/A
・定価 不明
・購入価格 60香港ドル(約700円)
・購入日 2010年9月25日
・お買得度 5.0

(購入動機)
あまり偽物は紹介したくないが、ネタ的に紹介する。

IMG_0166.JPG

(製品レビュー)
これは偽物のiPhone 4 Dockである。しかし、本物を知らない人は間違えて買ってしまうくらいパッケージが凝っている。香港で使われている本物の型番が書かれている。さらに何故か日本のJANコードも右下に載っているには笑える。

IMG_0167.JPG
中を開けるとぱっと見わからないくらいちゃんとしたように見えるiPhone 4 Dockが現れる。しかし、本物と比べると違いがすぐに分かる。

どっちが本物かわかりますか?
IMG_0168.jpg
左が偽物で、右が本物です。

IMG_0169.JPG
左が偽物で、右が本物です。大きさが技術力の差か? (苦笑)

おそらく中国・シンセンで販売されたものを持ってきていると思われる。シンセンだと1/3位で売っているので、20元ほど(約300円)で買えると思われる。

中国人って、恐ろしい・・・。でも、原価がいかに安いかが分かる。Appleはオプションを売っても大儲けなんですね・・・。ちなみに、純正品は2,800円です。

近日製品レビューする製品(20101002) [製品レビュー・その他]

香港・マカオに行って、いろいろ買ったりして製品レビューする予定のモノがたくさんあるんですが、なかなか評価できず・・・。近日、製品レビューする製品を紹介します。

・Apple AppleTV 160GBモデル
・Philips Bluetoothヘッドフォン (日本未発売)
 http://bluetoothmaniax.net/?p=342
・SONY iPod/iPhone用イヤフォン MDR-EX38IP (日本11月発売)
 http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX38IP/index.html
・SONY iPod/iPhone用イヤフォン DR-EX300iP (日本未発売)
・偽物iPhone 4用ドック
・Apple iPod touch 64GB 2010年モデル
・SONY デジタルカメラ DSC-TX9

【製品レビュー172】君の思いは必ず実現する (著者 稲盛和夫) [製品レビュー・その他]

inamori.jpg

・題名 君の思いは必ず実現する
・著者 稲盛和夫
・出版社 財界研究所
・購入価格 840円 (税込)
・購入日 2010年8月14日
・お買得度 9.0

京セラやDDI (現KDDI)の創業者で、現JALのCEOに就任した稲盛氏。JALの再建は、稲盛の手腕に掛かっている。
この本は、稲盛の半生を綴って若者や社会人になっている人に対してのメッセージがいろいろと書かれている。簡単に言うと、夢を諦めず一生懸命頑張れば、必ず報われるといった内容で、読んでいてびっくりするくらいあっという間に終わってしまった。相当な苦労もした方であり、一代で京セラやDDI (現KDDI)を創業して、ここまで大きくする人は偉大です。
稲盛氏がJALの再建に失敗したら、誰も再建なんて出来ないだろう。最後の砦なのだ。
でも、稲盛氏なら必ず再建できると思う。JALの悪名高き労働組合の攻略が大変だろうが、それを崩せるのは稲盛氏しかいない。もう78歳という高齢ですが、稲盛氏もおそらく最後の大仕事として考えていると思う。
買って損のない本だと思います。JALの再建に期待しています。



【製品レビュー170】一勝九敗 (著者 柳井正) [製品レビュー・その他]

19.jpg

・題名 一勝九敗
・著者 柳井正
・出版社 新潮文庫
・購入価格 460円 (税込)
・購入日 2010年6月20日
・お買得度 8.5

たまには、真面目な本でも読んでみようと、今さらと言われるかも知れませんが、ユニクロのファーストリテイリングの社長・柳井正氏の「一勝九敗」という本を読んでみた。
内容的には10年近く前の内容で古いのだが、創業から大きくなるまでの成功体験、失敗体験などを綴っている。
この本を読んでいてつくづく柳井氏は、怖いモノ知らずというかアグレッシブだと思った。本当に失敗を恐れないで実行したから今があるのだと実感。自分なら三勝七敗にできたとしても会社を潰しているだろう。
これだけ大きくなったファーストリテイリングで、さらに無謀なと言えるような目標を掲げている。一歩間違えば、倒産するくらいな壮大な目標だ。自分には、真似の出来ないことだ。
この内容を今から読むと内容が古いので、是非ここ数年を含めた改訂版を出して欲しいところだが、未だ売れているだけのことはある。読んでおいて損のない本だと思った。
柳井氏は、もちろん作家ではないので、とても読みやすい。


過去の製品レビューは下記から
http://kosa-p.blog.so-net.ne.jp/

【製品レビュー163】iPad ソックス (iPad用ケース) 更新版 [製品レビュー・その他]

DSC01905.JPG

・製品 iPad ソックス (iPad用ケース) 
・販売価格 10元 (約132円)
・目撃日 2010年5月4日
・お買得度 5.0

Apple純正のオプションにiPodソックスという製品がある。iPodを入れるソックス型のケースだ。下記が本物のiPod ソックスである。この製品は、靴下のように伸び縮み出来る為、iPod classicやiPod touch、そしてiPod nanoにも使えるケースとしてAppleの純正ケースとしては珍しいロングラン製品である。

ipodsockslearnmore11092004.jpg

このケースをそっくり真似た製品が、中国に行くと腐るほど売られている。以前は、iPod nano用に適したサイズのものも売られていた。そしてiPhoneが出たときは、そのサイズに適したものも販売されていた。日本では見かけたことはないと思うが、中国のシンセンの電気街や香港の電気街に行くと簡単に見かけるのだ。

そして今回ご紹介するのが、iPad用のソックスである。特に、iPad ソックスとも書いていないし、Appleのロゴも入っていないので販売的には問題ないと思われるが、よくできた製品なので感心してしまった。中国人の発想は凄い。何でもパクるのが中国なのだ。
下記が、そのiPadソックスである。

DSC01904.JPG
DSC01906.JPG

ちなみに、価格はシンセンの電気街では10元(約132円)だった。きっと値切れば100円以下になるんではないだろうか。ちなみに、この製品は香港の電気街に、そのまま流れて販売されることが多いが、香港に行くと約3倍くらいになって売られている。

ちなみに、iPhone用に合わせて作っていたと思われるiPhoneソックスと思われる製品も売られていた。呆れるというか笑ってしまう。ふたつ並べてみた。わかるだろうか?

DSC01907.JPG

この製品にAppleの著作権があるのかは不明だが、この製品を日本に持ってきて1,480円くらいで売っても充分商売になると思う。

恐るべし中国!!
製品レビュー・その他 ブログトップ