So-net無料ブログ作成

明けましておめでとうございます [日記]

あけましておめでとうございます。

今年も、ワンパターンの写真かもしれませんが、マカオPhoneをよろしくお願いします。


こさぴー

自分がマイル修行をする訳 [日記]

マイル修行・・・。

一般の方は理解してくれないかもしれない。しかし、説明したら10人に1人くらいは理解してくれるかもしれない。そもそも、なぜ無駄使いとも言えることをして飛行機に乗るのか理解できないと思う。
確かに理解できないはず。しかし本人は、お金は掛かるが無駄金だと思っていない。(無駄遣いというのは理解していますが・・・。) その点が違うのだ。

このマイル修行は、それだけのメリットがあるから意味もなく飛行機に乗るのです。マイル修行をやる人は、基本的には飛行機好きか飛行機をたくさん乗る人にメリットがあるからやるのです。
純粋にマイルを貯めたいという気持ちでやっている人は少なく、マイルではないポイントを稼ぐために飛行機に乗るというのが正しいです。ここから分からなくなっているかもしれませんが、自分の場合はマイルなんてどうでもいいのです。そのポイントのことを、JALの場合はFLY ONポイント。ANAの場合はプレミアムポイント(PP)と言います。これを貯める為に、無意味に飛行機に乗るのです。

そもそもマイル修行とは何でしょうか。それは、FLY ONポイント(JAL)又はプレミアムポイント(ANA)を効率よく又はコスパよく乗って目標を達成するために意味もなく乗りまくり、きついスケジュールをこなしてケツが痛くなっても修行僧のように乗るところから、マイル修行と言われています。

一般の方はマイル修行して、目標達成をして何の意味があるのかと思うと思います。飛行機好きにとって、とてつもないメリットがあるのです。一番のメリットは、目標達成により上級会員になれるということにつきます。
上級会員は、航空会社の会員に入会でき、入会すると「航空会社のゴールドカード以上」を保有すると何と一生ビジネスクラスとほぼ同等のサービスが受けられるのです。これが最大のメリットと言えるでしょう。

JALは、JALグローバルクラブ(JGC)。ANAはスーパーフライヤーズ(SFC)。

ここでは、JALのJALグローバルクラブ(JGC)を例に説明しましょう。JALに乗るとマイルの他に、FLY ONポイントというものが付与されます。これは1〜12月までに貯めた累計により、翌年の4月から翌々年3月末までランクに応じてサービスが受けられます。

30,000FLY ONポイント又は30回搭乗で「クリスタル」
50,000FLY ONポイント又は50回搭乗で「サファイア」
100,000FLY ONポイント又は100回搭乗で「ダイヤモンド」
https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/premier.html

ここで、注目してほしいのはクリスタルはあまりメリットがない事。クリスタルのメリットは若干のマイル優遇と国際線の優先搭乗くらいでしょうか。なのでマイル修行でまず目標にするのは、JALでは50,000 FLY ONポイントのサファイアの達成です。
サファイアに到達し、JALゴールドカード(またはプラチナカード)を保有していると、JALグローバルクラブ(JGC)の入会の封書が届きます。サファイア達成で、翌年の4月から翌々年3月末までビジネスクラス相当の特典が得られます。そのままだと翌々年4月からは一般会員に戻ってしまいます。しかし、JALグローバルクラブ(JGC)会員になっていると、まったく乗らなくてもサファイアの地位は維持され、特典は若干悪くなりますが、サクララウンジや専用窓口、専用レーン、優先搭乗、優先荷物などの特典がそのまま受けられるのです。JALゴールドカード(またはプラチナカード)を保有している限りずっとなのです。
それを目的に、飛行機好きなどが一度のサファイア達成を目指し、飛行機に意味もなく乗るのです。しかし、50,000 FLY ONポイントを達成するのは容易ではありません。普通に乗っていては、まず達成することはできません。
そこで獲得に向けて、いかにコストを掛けずして50,000 FLY ONポイント達成を目指して飛行機に乗るのです。一度の修行で、達成すればバラ色の飛行機特典が待っているのです。
JALの場合は、50,000 FLY ONポイント又は50回搭乗というのがサファイアの条件となっています。おそらく50回乗るよりは50,000 FLY ONポイントの方が現実的だと思います。

ちなみに、50,000 FLY ONポイントになりJALグローバルクラブ(JGC)会員になると、どんな特典があるか説明します。

特典は、たくさんあるので一般的なメリットだけを書きます。(詳細は下記を確認ください。)
https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/sapphire.html

・国際線前方座席指定サービス
国際線の座席を指定するときに、一般会員では取ることの出ない座席が予約可能です。

・マイルUPボーナス
これは、かなりのメリットですが、通常のマイルより105%のマイルが加算されます。
これはとても大きいです。マイルたくさん貯まるのです。
例えば、東京〜香港を例にとって見ましょう。もちろんクラスなどによって加算額違うので一般的なエコノミー格安運賃での往復で換算してみます。

一般会員    東京〜香港(往復・ダイナミックセーバー) 1,824マイル(片道912マイル)
サファイア会員 東京〜香港(往復・ダイナミックセーバー) 3,740マイル(片道1,870マイル)

ちなみに、ゴールド会員だとさらにマイルが911マイル追加され下記のマイルが加算されます。
サファイア会員 東京〜香港(往復・ダイナミックセーバー) 5,562マイル(片道2,781マイル)

これはかなりのメリットです。ちなみに、このチケットが約62,000円だとするとJALプラチナカードだと2,480マイルが支払時に付くので、合計8,042マイルgetになります。約62,000円だとすると還元率は13%還元と量販店並みのかなりの高還元率になります。

・専用カウンターでのチェックイン
JALの場合、国内線はJALグローバルクラブ(JGC)カウンターで搭乗手続きが可能ですので、あまり並ばなくても利用できます。国際線はJALファーストクラス・チェックインカウンターが利用できます。(羽田、成田はJALグローバルクラブ(JGC)カウンター)

・プライオリティバッゲージサービス
簡単に言うと、優先的に手荷物のお引き渡しが可能になります。預け荷物を受け取るときに、優先的に出てきます。(この上にファーストクラス用がありますので、その次に優先的に出てきます。)

・受託手荷物無料許容量のご優待
国内線は、通常プラス20kg以内の荷物を預けられます。国際線は、通常プラス1個追加になります。

・JALグローバルクラブ エントランス
羽田/伊丹/新千歳/福岡空港の4空港しかありませんが、JALグローバルクラブ専用の搭乗口があり、優先的に入る事ができます。

・ファストセキュリティレーンのご利用
成田空港だけですが、こちらも上級会員向けの専用レーンがありますので、並ばなくてもすぐに荷物チェックが可能です。

・空港での優先搭乗
国内線、国際線共に優先的にご搭乗ができます。

・空港専用ラウンジの利用
これは航空会社の専用ラウンジでJALだとさくらラウンジというものになります。国内線は、アルコールもありますので、とてもいいです。もちろんすべて無料で利用できます。
国際線は、食事やマッサージ、シャワーなどが利用可能です。これを味わうと戻れなくなります。
JALの名物のカレーはオススメです。ちなみに、アルコール類はビール以外のアルコールが各種揃っています。

・ワンワールド アライアンス加盟航空会社の空港専用ラウンジの利用
JALの加盟しているワンワールド加盟のラウンジなら、国際線でどこでも利用可能です。自分は、香港の場合はキャセイパシフィック航空のラウンジをよく利用します。これは、本当に便利です。

その他にも、無償WiFiサービスやクラスJ無償利用など回数に制限はありますが、特典は盛りだくさん。

マイル修行は、これらの特典を受けたい勇士が達成が難しい一般人として達成するために行うものです。飛行機をあまり乗らない人に取ってはどうでもいいかもしれませんが、乗る人にとっては魅力のサービスなのです。

ANAもほぼ似たようなサービスになります。
サファイア会員はあくまで、ランク的にはビジネスクラス相当の会員であり、さらに上が存在します。それがJALではダイヤモンド。100,000FLY ONポイントの獲得により利用できます。(JGC会員は、80,000FLY ONポイントでJGCプレミアでほぼ同等のサービスが利用できます。)

これを毎年取るために、マイル修行する人もいます。自分も昨年は、これを獲得するためにJALを乗りまくり80,000FLY ONポイントでJGCプレミアを獲得したので、ファーストクラスラウンジの利用ができるのです。

しかし、ダイヤモンド(エメラルド会員)は敷居が高いので、一般的にはなかなか取れるものではありません。また、継続も大変です。

自分は、JALの上級会員ですが、ANAは一般会員なので、2016年は50,000ppを獲得して、スーパーフライヤーズを獲得する予定です。

ちなみに、JALはワンワールドという航空連合に所属しているので、ワンワールドに加入している航空会社で同様のサービスが受けられます。
ANAは、スターアライアンスという航空連合に所属しています。あとはスカイチームという航空連合がありますが、日本人としてはANAとJALがメインだと思うので、いずれかの航空連合の上級会員になることをお勧めします。

明けましておめでとうございます。 [日記]

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。
今年もマイペースに更新を行って参りますので、引き続き宜しくお願いします。


こさぴー

ハート型の充電器 [日記]

ハート型充電器①_adl7-7h.jpg

なかなか見た目がいいハート型の充電器。このLightning版があればなお嬉しい。

http://heart.kgem.co.jp/kgem/accessory/heart-adapter

350万アクセス突破しました [日記]

350.png

アクセス数がめっきり激減しましたが、350万アクセス数を突破いたしました。
いつもいつも見ていただいている方、本当に本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

こさぴー

350万アクセス 2014年11月30日
280万アクセス 2013年8月1日
270万アクセス 2013年5月14日
260万アクセス 2013年3月5日
250万アクセス 2013年1月6日
240万アクセス 2012年11月15日
230万アクセス 2012年10月1日
220万アクセス 2012年8月26日
210万アクセス 2012年7月22日
200万アクセス 2012年6月24日
150万アクセス 2011年12月3日
100万アクセス 2011年6月29日
50万アクセス  2011年3月 9日

仙台で見つけたなんかいいお店 [日記]

DSC07290.jpg
2014年4月 SONY DSC-TX300Vにて撮影

仙台で見つけたなんかいい感じのお店。こういう雰囲気は、今は出せないですね。



仙台駅のタクシー [日記]

DSC07293.JPG
DSC07292.JPG
DSC07291.JPG
2014年4月 SONY DSC-TX300Vにて撮影

仙台駅に並ぶタクシー。うーん、こういうのって無駄。もっと効率よくできないものか・・・。これだけ待って、ワンメーターだと怒るよねぇ・・・。





羽生結弦のパレード 2 [日記]

DSC07276.JPG
DSC07279.JPG
DSC07280.JPG
DSC07284.JPG
2014年4月 SONY DSC-TX300Vにて撮影

92,000人だったらしいですが、そんなにいたかは不明ですが、人はたくさん来てました。たまたま見れたのでラッキーでした。

羽生結弦のパレード 1 [日記]

DSC07268.JPG
DSC07273.JPG
DSC07275.JPG
2014年4月 SONY DSC-TX300Vにて撮影

フィギュアスケートの金メダリストのパレードが仙台で行われた。偶然に遭遇したので、激写!!
足が細い!!


今のうちにMNPを利用するとこれだけ安くなる [日記]

みなさんは、スマホを機種変更や他のキャリアに移行するMNPなどをする際に、「実質0円」と「一括0円」を勘違いしている人が多いので注意してください。

お店に行くと様々な告知でお客さんを惑わしている。ちなみに、iPhone 5s 64GBで下記の表現で一番安いのはどれでしょうか。
1、「本体0円 (実質) + キャッシュバック50,000円」
2、「今なら本体50,000円引き!!」
3、「本体一括0円」

一見、訳が分からないかもしれないが、正解は3が一番安い!! 内容は、1と2は実は同じである。

上記の表現を例にMNPをドコモからソフトバンクに変更した際の25ヶ月の維持コストを計算してみよう。(割引が翌月からの為)

1、「本体0円(実質) + キャッシュバック50,000円」
2、「今なら本体50,000円引き!!」

この場合、本体は実質なので実際は本体代金が掛かる。よって88,200円を毎月24回払うことになる。月にすると3,675円。

ホワイトプラン      980円
S!ベーシックパック     315円
パケットし放題フラット  5,460円
端末割賦代金       3,675円
ユニバーサル料      3円
バンバン乗換割り(割引)  980円引き
月月割(割引)       2,835円引き 

月額最低維持費  6,618円〜
25ヶ月利用総額  172,415円 (キャッシュバックを加味すると122,415円)


3、「本体一括0円」
この場合は、本体代金は完全に0円であり、タダで手に入る。タダほど高いものはないというのは、この世界では唯一の例外なのだ。これは実にお買い得な買い物だ。

ホワイトプラン      980円
S!ベーシックパック     315円
パケットし放題フラット  5,460円
ユニバーサル料      3円
バンバン乗換割り(割引)  980円引き
月月割(割引)       2,835円引き 

月額最低維持費  2,943円〜(3/31までともだち紹介割りを利用すると12ヶ月は1,943円〜)
25ヶ月利用総額  77,705円 (ともだち紹介割りを利用すると65,705円〜) 


これだけ違うのだ。ちなみに、ドコモユーザーがそのままiPhone5sに機種変した場合は下記になる。

(ドコモ→ドコモ機種変更)
タイプXiにねん      780円
S!ベーシックパック    315円
パケットし放題フラット  5,460円
端末割賦代金       3,780円
ユニバーサル料      3円
月月割(割引)        2,940円引き 

月額最低維持費  7,398円〜
25ヶ月利用総額  191,040円

MNPして安く買えば25ヶ月で77,705円しかかからない。同じキャリアのままと比較しても違約金を払っても2年で10万程度も違うのである。これは絶対におかしいシステムなのだ。

上記の計算は、ユーザーによって多少異なる為、金額が少々違うものもありますが、あくまで予測値と思ってください。これだけ既存ユーザーは損している事を言いたいだけです。

安い時に、違約金を払ってでもコストは抑えられるので、このMNPの制度が規制されるまでに利用する事をお薦めします。既に、規制され始めてますので、よく見極める事が重要です。